必要書類を即日で用意できるか?

即日でお金を借りたいというときに、ちょっと注意していただきたいのが必要書類です。即日融資を受けるにあたってはカードローン選びが重要になってきますが、もしかすると希望する借入額によっては必要書類によってカードローンを選ばなければならない可能性もあるからです。

 

総量規制と必要書類

総量規制といいますと、「個人の借入総額は原則年収の3分の1までに制限される」といった返済能力を超える貸付を禁止する仕組みのことですが、総量規制で定められているのは実はこれだけではありません。

 

  • 貸金業者が個人へ貸し付ける場合には、指定信用情報機関の信用情報を利用した返済能力調査が義務付けられること
  • 貸金業者が自社から50万円を超える貸付をする場合、または複数の貸金業者からの総借入残高が100万円を超える貸付の場合には、収入を明らかにする書類の提出を利用者から求めること

 

これらもまた、総量規制で定められている内容になります。つまり、消費者金融など貸金業者を利用する場合には、50万円超の借入や複数者合わせて100万円超の借入になる場合には、収入証明書の提出が必要になってくるということです。

 

収入証明書の提出

収入を証明する書類には次のようなものがあります。
・源泉徴収票
・所得証明書類
・確定申告書
・納税通知書
・給与の支払い明細書 
など

 

時間がある方でしたらそうした書類を用意して申し込みをすればいいわけですが、これが即日融資だったらどうでしょうか?申し込みをするのが自宅であれば、過去の源泉徴収票などを探せばいい話ですが、もしも外出中、仕事中などに急にお金が必要になって申し込みをした場合、そうした書類をすぐに用意するのはなかなか難しいことかと思います。

 

可能であれば希望額を減らして申し込みをするということも一つの対応策ではありますが、もしどうしても希望額はこのままで…というのであれば、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶという選択肢もあります。

 

 

銀行カードローンは貸金業者にあたりませんので、総量規制の影響を受けません。収入証明書の提出についても、200万円以上の場合や300万円以上の場合などという設定のため、ある程度高額な借入までは収入証明書なしで借りることができます。

 

ただし、高額な借入になればなるほど、審査は慎重で時間がかかる可能性があります。即日融資希望の際にはその点も踏まえ、必要書類の用意が可能なカードローンを選びましょう。